通販で利用する

紙の印刷通販サイトの価格設定と傾向

紙の印刷通販サイトへの発注・制作は各業者のフォーマットデータ(テンプレート)を使用しデザインを完成させてWEBページから入稿データとして出稿いたします。ai、epsの様なDTPデータは追加料金が不要ですがエクセル、ワードデータは変換料金が掛かる通販サイトがほとんどです。印刷する用紙の種類、サイズ、厚みで価格設定が変わります。印刷通販サイトは年々増えており、テレビCMをしたりする会社もあり、一般の方に身近に感じられるようになりました。価格競争も激しく、どんどん安くなって消費者にはありがたいことです。品質は印刷会社にクオリティの差はありますが素人ではほとんどわからない、大差がないです。これからもさらに価格は下がっていく傾向にあります。ポイント制度を導入している通販サイトが多数あります。

これまでの進化や未来について

印刷の通販サイトがここまで増えたのはやはりコンピューター(パソコン)の普及、進化が多いに影響しています。デザインのクオリティは別として、DTP作業が素人でも自宅に居ながら簡単に発注出来る環境は人間の進化とも言えます。20年前は出来なかったことです。支払いもクレジットカード払いなど電子取引出来るので需要はどんどん増える傾向にありますが価格は逆に下がっていきます。消費者には良い傾向ですがそれを支える人の待遇が厳しくなります。将来(未来)はDTPが進化した様に作業する人を減少させる、さらなる機械化(自動)が進むことになります。パソコン以外の端末、スマートフォンやテレビ通信を利用した印刷通販サイトも現れる可能性が大きいです。今後の動向が気になるメディアです。