印刷を理解する

「印刷」とはどういうことなのか

まず、印刷と言うことは2次元上に媒体や文字や画像を再現することだと考えている人が多いと思われる。しかし、現在は3Dプリンターなる物が開発されている。そのため、2次元上に物を再現するだけでないことは分かると思う。次に印刷物は、どのような状態であるかを考えてみる。紙にインクが染みこんで画像や文字を再現することがもっとも考えられるだろう。3Dプリンターは粉体や樹脂を特殊な技術を使い層状にすることで3次元体へと印刷している。このことから、全ては2次元状態の物から形成されていると考えられないだろうか。しかし、現代の基板作製において印刷はとても重要な物になりつつある。それは、インクジェットによる基板作製である。これは、インクジェットとは入っても、インクは溶かされた銅やインクなどは使わずに光を用いている。このことから分かるように、印刷物とは様々な状態の物から作成することが可能である。これは、個体、液体の印刷は可能とされている。ただし、気体のみは理論上不可能だとされている。しかし、3体の内の2つにおいてはほぼ技術が完成しているのである。印刷は、人類にとってかけがえのない技術なのである。

今後はどのようになっていくのか

パソコンにおいて印刷するとなると、プリンターによる必要がある。紙を用いた物でも、もっともメジャーであったインクジェットプリンターは、現在売り上げを落としてきている。現在はインクジェットプリンターよりも、レーザープリンターの方が画像や文字の再現度が高水準になってきているのである。これは、液体を噴射して紙に色をつけるよりも、トナーと呼ばれる粉を紙に押し当て物を再現する方が綺麗になるためである。また印刷ではプリンターに注目しがちだが、紙は技術が多く詰まっている。これは、摩擦により紙が詰まってしまうことを何度も検証して紙の摩擦係数を減らしたり、色をより鮮やかに見せたりするために表面の光沢を挙げたりなどの工夫が挙げられる。この技術は、今後紙媒体でのプリンターにおいてもっとも研究されるべき点である。あまり紙の表裏を意識してない方が多いかもしれないが、今回を気に表裏を確かめてほしい。現在のプリンターが最高のパフォーマンスをしていないかもしれないからだ。工業分野では、印刷により3次元物を組み立てた状態で製造される研究が進んでいる。多くの企業が研究を行っているのだから近い日には実現されるだろう。